児童福祉

児童福祉が必要な現状

テレビなどのメディアでよく耳にするいやな言葉。
虐待やいじめなど、子供を取り巻く環境は本当に変化してきています。

子供が受けるストレスも大きいのですが、この不況の世の中、親が受けるストレスも大きく、そのストレスの矛先が子供に向かうこともあるようです。

以前、児童福祉というのは、身体に障害のあるお子さんや母子家庭のお子さん、また孤児となってしまったお子さんなどに対して行う支援、援助だったのですが、今は、また違った意味での児童福祉も考えなくてはならない時代なのです。

少子化、児童虐待、これらをうけ、家庭のすべての児童が健全に育成される、またお子さんを産んで、育てることの喜びを感じることのできる社会にしていく必要があると、考えられています。
児童福祉法において、児童は、満18歳に満たないという定義がありますが、制度によっては20歳未満を指すこともあるようです。

このような今までと違った児童福祉が必要な現状をしっかり踏まえ、「児童福祉」ということについて考えていこうと思います。
皆さんも一緒に、一保護者という立場、大人という立場で未来を担う子供たちのことを考えてみませんか?

昔と今

昔も今も、児童福祉の施設はありました。
戦争があり、親を亡くした子供たちが孤児になり、その子供たたちの生活を保障するために、設置された施設です。 それから様々な理由で子供たちのケアのため、成長のための施設ができています。

虐待を近所の方々が知っていたけれど助けることができなった。
というニュースをたびたび見るようになりました。
また、児童福祉の関係のお仕事の方々が、その虐待のある家庭に介入されていながら、その子たちを保護できない難しい部分があることもわかりました。

昔の日本は、近所にうるさいおじさんやおばさん達がたくさんいて、挨拶しなければ怒られるし、悪さをすれば叱られました。
親も然り!礼儀のない親は、ご近所のおじいさんたちに怒られていたし、その代りおすそわけやちょっと子供を預かって・・なんて気軽に言える世の中でした。
今はそれが田舎の方にしかない。
親も子供も、簡単にすがることのできるご近所さんがいないのです。

児童福祉の考え方を、私たち大人も持っていることが必要だと思います。
子供はみんなの宝。
大人、社会みんなで守っていくことが、児童福祉の心だと感じます。

このコーナーでご自身のサイトを宣伝したい方はコチラまでお問い合わせください。

FXの初心者でも安心してばっちりもうけることができるFX会社
バイク王のバイク買い取り査定は高くてお得!
レーシックで失敗しないためにしっかりと手術を受けるクリニックは吟味しましょう。
やずやは香醋とか雑穀ごはんとかで人気ですね♪健康にもいいですよ。 ウォーターサーバーを比較して一番お気に入りの水の宅配をゲットしたいですね。 エイジングケア基礎化粧品をチェックして肌の老化を防ぐアンチエイジングを身につけましょう。