児童福祉士の仕事

児童福祉士の仕事

児童福祉の仕事を全般的に行うのが、児童福祉士です。
児童福祉士は、児童相談所などの公的機関の職員となり、相談などをうけます。
その援助の対象は、乳幼児、少年少女という児童、子供だけでなく保護者も含まれます。

心身に障害を持つ人や、家庭の不和、虐待、また非行など子供を取り巻く環境の中にはたくさんの問題があります。
その問題を抱える方、またその関係者皆さんが、福祉の手を求めているのです。
児童福祉士というのは、その問題、子供たちが置かれている環境をしっかり調査し、子供の話、保護者の話などを聞き、医師やカウンセラーの協力を得て、対策を立て、その問題が解決できるように援助を行う仕事なのです。

まずは、そのお子さんや問題を抱える保護者の方々が、自分の心のうち、その環境などをしっかり話せるように信頼関係を持つことが、非常に重要な仕事になります。
相談や調査というほかにも、母親学級の講演や研修、お子さんがいる家庭を訪問し巡回相談なども行います。

児童福祉というものに係ることができる非常に素晴らしい仕事です。
児童福祉の窓口の中心的役割を担うお仕事になります。