児童福祉士 資格

児童福祉士の資格取得

児童福祉士になるためには、任用資格というものが必要になります。
任用資格というのは、心理学・教育学・社会学という中からいずれかを専攻し、卒業してから、厚生労働省の定める福祉施設等で実務経験を1年以上積む、または厚生労働大臣指定の養成機関を卒業する、講習会を修了することで取得できる資格です。

社会福祉士有資格者、医師免許有資格者も、児童福祉士の任用資格を得ることができます。

この任用資格という資格は、専門知識などを持ち働けば適用されるもの、ということではなく、公務員にならなければ、適用とならない資格です。
つまり、任用資格を取得し、公務員試験に合格し、さらに、児童相談所等の施設に配属されることでやっと、「児童福祉士の任用資格取得」ということになるのです。

どの分野を専攻することが地方公務員試験の合格を狙えるのかということは、各自治体によって違いがあるのですが、行政、社会福祉、心理という区分の合格者が配属されるケースが多いようですね。
なかなか今のご時世で、このような流れにうまくはまるというのは難しいことかもしれませんが、非常に素晴らしいお仕事ですから、目指される方はぜひ頑張ってほしいですね。