児童福祉士 将来

児童福祉士の将来

資格取得をしても、雇用状況が厳しい、また人気資格でかなり多くの方が持っていることから就職が難しという資格もあります。
児童福祉士の現状は、確かに「任用資格」という資格でしかないのですが、現代の社会、またこれからの社会を考えると、今後の役割は高まっていくと考えられています。

家庭の環境が、以前より比べ物にならないくらい複雑になり、また悪化しています。
離婚率が高くなり母子家庭が本当に多くなりました。
また、不況の折、事情もあってお子さんと一緒に暮らすことが出来ない保護者の方々もいます。

精神的に追い詰められて、お子さんを虐待してしまう親御さんも多くなり、核家族化していることから、そのことが世間に露呈することも少ないため、子供が窮地に追い込まれ、虐待による死亡という悲しいニュースを見ることも少なくありません。
こういった状況の中、児童福祉という分野は非常に注目され、重要視されています。

少子化なのに相談件数が上がっているという現状を考えても、これから先、ますます重要は高まり、役割も多くなっていく資格になるだろうと思います。