特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

この手当は、特別児童扶養手当等の支給に関する法律に基づき、精神または身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図る目的で、児童の保護者に対して支給される国の手当です。

私たちが見ると、母子家庭に支給される児童扶養手当と同じ?と考えてしまいますが、違う制度です。
この特別児童扶養手当と、児童扶養手当は要件が満たされれば、両方受給することもできます。

この支給要件には、1級・2級があり、このいずれかに該当する児童の父母、また監護者が受給されます。

1級の要件にプラスして身体障害者手帳1-2級、療育手帳A判定程度というものです。
要件ですが、例えば両眼の視力の和が0.04以下のもの、両上肢のすべての指を欠くものなどが要件です。

2級の要件にプラスして身体障害者手帳3-4級、療育手帳B判定程度というものです。
要件ですが、例えば両眼の視力の和が0.08以下のもの、咀嚼の機能を欠くものなどです。

受給者の要件もありますので、詳細は、居住区の市区町村の福祉担当へ確認が必要になります。
受給申請も、居住区の地区町村、福祉担当窓口になります。