児童福祉施設

児童福祉施設とは?

児童福祉というと単純に保育所という考えが浮かびます。
しかしこの保育所という施設の他にも、児童養護施設、乳児院、知的障害児施設、児童自立支援施設など、たくさんの児童福祉施設があります。
すべて、児童福祉法という法律にもとづいて設置されている施設です。

養護施設や乳児院は、何かの事情によって両親のもとで生活することが出来ない境遇の児童を入所させる施設です。
他の知的障害児施設や児童自立支援施設などの場合は、身体や精神に障害があり、特別な治療や療育が必要となる子供たちを入所、また通所させて、必要な治療や療育を行いともに保育を行う施設ということになります。

どの施設も、保育士などが専門知識を駆使し、その専門職の一人として、お子さんの療育、また時にはお母さんの変わりとなって、仕事を行っています。
通園する施設の場合、保育士さんたちも通所で仕事を行いますが、収容という施設の場合園に泊まり込んで子供たちと一緒に生活を送る必要があるため、夜勤なども行って子供たちを支えているのです。
様々な施設がありますが、大切なお子さんを預かっている施設ですから、苦労は絶えないと思います。